ばなな通信

小説家・青葉奈々のお仕事情報とのんべんだらりとした日々を掲載するブログです。
お仕事の履歴はカテゴリーの「お仕事履歴」、プロフィールは「プロフィール」をご覧下さい。
ホームページも出来ました→http://aobanana.com/
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 高校生のキラめきがだいすきだ。 | main | 「シュート!」-漫画レビュー的なもの >>
# 「黒子のバスケ」-漫画レビュー的なやつ
今日も漫画のお話。
青葉の大好きな「週刊少年ジャンプ」より、昨日ちょうど高校生の部活動の話をしたので、まさに高校生の部活動ものの「黒子のバスケ」を。

ジャンプと言えば、そしてバスケ漫画といえば「スラムダンク」だと思いますが、「黒子のバスケ」はそれとはまた違った感じのバスケ漫画……というか、最近のジャンプで比較的よく見かける「ジャンプ主人公っぽくない主人公」の漫画としてもユニークでおもしろいと思います。
少年漫画の主人公としてそれはどうなのよっ! っていう感じの主人公といえば「デスノート」の夜神月とか、「銀魂」の坂田銀時、そして未だに現役ということで言えば「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の両津勘吉なんかもそうじゃないかと思うんですが。
でも、ジャンプの主人公っぽくないとは言っても、彼らにはものっすごい存在感がある。

「黒子のバスケ」の主人公は、存在感がありません。
きっぱりと、ありません。
なんか気がついたら背後にいます。そこにいます。突然話しかけてきます。そしてビビられます。
そういう主人公です(笑)

でも、そんな主人公黒子テツヤ(名前まで「黒子」なんである)は、中学時代にバスケの非常に強い中学校に所属していた。
そのチームには最強と呼ばれる5人の選手がいたが、実は誰も知らない幻のシックスマンがいた。
そのシックスマンこそが黒子テツヤ――存在感がないために、取材とかが来ても気づかずに帰られてしまうという過去を持つ哀しい男(笑)
彼は「見えない」「気づかれない」ということを利用した「ミスディレクション」でボールを味方にパスする、いわばパスの天才。
が、中学時代のチームの戦い方――「勝つ」ことだけを追い求めるやり方に違和感を覚え、高校では違うバスケを見つけたいと感じている。
まさに、高校3年間を青春の名の下に過ごしていこうとする物語なのです。最近のお気に入り。

「勝つ」というのは、試合である以上とても大切なことなのだけれど、ただ「勝つ」だけでいいのか?
もっと何か、心の中にずしりとくるものがあるんじゃないのか?
そういう疑問の元、まだ創部二年目というチームに所属してバスケを続ける黒子の頭の中には「バスケが好き」という一言だけがある。
割と超人的な技なんかも出てくるのはジャンプスポーツの定番かなとは思うんですが、とはいえ、そこまで無茶がすぎる感じでもない。
それよりも、試合のシーンをそれで盛り上げつつ、日常生活の部分が結構クローズアップされているので、ただ試合をこなすだけでなく、高校生がどんなことを考えながらバスケというスポーツに向き合っているのかが丁寧に描かれている気がします。

さらに、「勝つ」だけの戦い方に納得が出来なくて中学時代の仲間とは別の道を選んだ黒子に刺激されて、その「勝つ」ためだけに試合をしていた仲間たちにも、少しずつ変化が出ている。
と、同時に、入学した高校の中でも、様々な仲間、様々な先輩たちとふれあい、黒子自身が「自分のやりたいバスケ」を見つけていく。
おお、青春だ! と。こういうところを見ると、すごくわくわくするのです。

そう、部活動って、こういうところがいいよねー! と。
あえて部活動ものを書く時の楽しさって、部活のシーンだけでなく、それ以外のシーンの、まだ先をどうするか見えていない高校生の葛藤みたいな部分にあるのかなあ、と思ったりしつつ。
試合の中でも、色々なことを考えて、自分はどうしたらいいんだろう、と、その立ち位置がまだわからなくて、それを模索していて。
どこに行っても「自分」と「他人」との距離というか、付き合い方というか、そういうのを考えながら、ひとつの絆が出来ていく。
そういう感じがすごく好きなのです。

現在は6巻まで発売中かな、確か。ツッコミどころの多いキャラも見所のひとつです(笑)
個人的に好きなのは、黒子の中学時代のチームメイトで、常に片手にわけのわからないアイテム(「おは朝占い」というので出てきた「今日のラッキーアイテム」らしい)を手に持って常にクールだけど言動がややおかしい緑間。
彼の口癖が「〜のだよ」というのなんですが、これが結構クセになって移ってしまうのだよ(笑)
ちなみにシュートレンジがオールコートのシューターだそうです。三井(@スラムダンク)もびっくりなのだよ。


今度もまた、高校生の部活動ものの漫画を引っ張り出してきてレビュー的なものをしようかな!
そんなわけで、青葉さんの漫画オタク万歳でした。今名前つけた。
……まあ、言うほど漫画詳しいわけでもないかもしらんのですが。定番のを結構読んでなかったりするし。
| - | - | 19:51 | category: レビュー的なもの |
つぶやき。
当サイトへのリンクについて

リンクに関しては、ホームページの方にしていただきますようお願いいたします。

ホームページ:ばなな通信 http://aobanana.com/
管理人:青葉奈々

なお、ホームページ・ブログ、ともに著作権を侵害するような引用・転載は禁止させていただきます。
出典・著者・URLを明記したかたちでの引用・転載は問題ありません。

Profile
Mobile
qrcode
Search this site