ばなな通信

小説家・青葉奈々のお仕事情報とのんべんだらりとした日々を掲載するブログです。
お仕事の履歴はカテゴリーの「お仕事履歴」、プロフィールは「プロフィール」をご覧下さい。
ホームページも出来ました→http://aobanana.com/
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「7と嘘つきオンライン」-漫画レビュー的なあれ | main | 講談社Birthカフェで小冊子が配布されています。 >>
# 【告知】講談社Birthカフェ連動企画が公開されました
久しぶりにちゃんとお仕事のお話出来るよ!(笑)
別に何もしてなかったわけじゃないんだよ! 水面下で動いててどこまで公開していいかわからなかったので公式発表を待ってただけで!(笑)

ってわけで、新作が公開されたお話です。
講談社Birthの企画で、第二回講談社Birthカフェが本日より開催されます!
今回は約1ヶ月。前回と同じく銀座のスワンカフェさんでの開催です。
お料理おいしいです。以前ランチで食べたハンバーガーが忘れられない。是非一度食べてほしい! と思うのであります。
って、ちょっと話がそれましたが(でもおいしいのは事実です)

前回はカバーアートの展示がありましたが、今回はイラストレーターの方の完全新作で、さらにそのイラストをイメージして小説家が作品をつける、というコラボレーションの展示。
店内には、大きいサイズのイラストが展示されていますが、イラストはHPでも確認でき、作家が書いた作品も、HPで読むことができます。

というわけで、青葉も参加させていただきました。
イラストレーターは「神村企画」(辛島デイヴィット:著)でカバーアートを描かれた山代政一さんで、山代さんの作品からのインスピレーションで短編小説を書かせていただきました。

掲載されているのはこちら→http://shop.kodansha.jp/bc/kodansha-birth/labs/09/

青春スポーツエンターテインメントの作家としてではない、またちょっと違った作品に仕上がったと思いますので、青葉奈々にはこういう一面もあるのか、ということで、ご覧いただければ幸いです。

せっかくなので、ちょっとだけ裏話。
イラストが届いた瞬間、圧倒的な力に「うおっ!」と思いました。
その感想なんだよお前、作家だろ、って感じですが、本当に最初の感想が「うおっ!」だったんですよ。もっと女の子らしく感嘆したかった。無理さった。
すごく個性的で、思わず引きつけられる力のある作品だなと、山代さんのこれまでの作品を見て、思ってました。
で、今回そのイラストに物語をつけることが出来るということで、エア瓦割り発動です。興奮して妄想に励みました。
もう、特技妄想と言っても間違いないくらい、私、妄想にかけては常に訓練していますから。
イラストからどんな世界を描こうか、それを考えるのはあまり苦にならないことでした。が、逆にイラストからの妄想がふくらみすぎてふくらみすぎて……(笑)
WEBに掲載されるということを考えて、出来るだけ短めにしようと思ったものの、結局原稿用紙で13枚くらいになってしまったんだっけかな……
短編小説の方では書いてないエピソードとかも、雪崩のように山頂から崩れてきて、それに埋もれる心地よいゴールデンウイークでした。

色々と、仕掛け的なところも考えながら作っていった作品なんですが、それを説明してしまうと、ギャグを解説するみたいな感じになりそうだし、こう読め!というのを強制しそうなので、あんまり語らないでおきますが……
感じるままに読んでいただけたら幸いです。


講談社Birthカフェの企画としては、もう一作寄稿してるんですが、そちらはまたご紹介させていただきます。
他の方の作品も工夫が凝らされていておもしろいので、是非ご覧ください−!
| - | - | 13:12 | category: お仕事情報 |
つぶやき。
当サイトへのリンクについて

リンクに関しては、ホームページの方にしていただきますようお願いいたします。

ホームページ:ばなな通信 http://aobanana.com/
管理人:青葉奈々

なお、ホームページ・ブログ、ともに著作権を侵害するような引用・転載は禁止させていただきます。
出典・著者・URLを明記したかたちでの引用・転載は問題ありません。

Profile
Mobile
qrcode
Search this site