ばなな通信

小説家・青葉奈々のお仕事情報とのんべんだらりとした日々を掲載するブログです。
お仕事の履歴はカテゴリーの「お仕事履歴」、プロフィールは「プロフィール」をご覧下さい。
ホームページも出来ました→http://aobanana.com/
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「前橋ビジュアル系」 | main | 11月3日(木:祝)「文学フリマ」のこと >>
# 観劇日記「デスティニー」By 30−DELUX
私の友人は妙に観劇好きな人が多くて、色々情報を聞いたりしつつ、たまに私も見に行ったりするのだけど、今回のこの劇団「30−DELUX」の公演「デスティニー」に関しては、大好きな風間俊介くんを見に行くのが最大の目的でした。

「風間さん出てる劇見に行くんだー!」
「へー、なんてやつ?」
「『デスティニー』ってやつでね……」
「え! それ、30−DELUXのやつでしょ? 私、30−DELUX好きで、それも見に行くんだ!」
「へー!」

……なんて会話を、比較的頻繁にする気がする。
ジャニーズと言ったらアイドル活動がクローズアップされるし、実際そういう事務所なんだけども、意外とこういう舞台を中心に活躍している子もいるのです。
そして、風間さんはここのところ定期的にこうして舞台に参加しているので、生の演技を見に行けてうっはうはするわけで。

そんなわけで、友人イチオシだったこともあってかなり楽しみに行ってきたんですが、結論から言えば「化粧していかなければよかった」。
泣いた−! まあ、舞台見に行くとたいてい泣くんですが私は。涙腺弱いんで!
が、それはさておき、泣いた!

国を滅ぼそうと企てる盗賊団、未曾有の危機に陥る小国の姫君、そして、数奇な運命に巻き込まれていく主人公「ジン」と、複雑な事情を抱えて自らの存在を見失いかけている「アラン」……
アクションシーン盛りだくさんの物語で、アクション大好きな私としては大興奮。
そして、ストーリーの端々に挟まれるギャグに笑い、シリアスなシーンでは泣かされ……と思いきや笑わされることもあり(笑)
複雑な人間関係の中、徐々に何かが狂っていく様が、胸にズシンと響く物語でした。



シリアスな部分で泣くのはわかるとして……
おもしろかったのは、ギャグの部分。
というか、前説からそれは始まっていた(笑)

テレビなんか特に多いのだけど、内輪ネタをギャグにして盛り上がられるっていうことが、結構あると思うのです。
バラエティーとかでもよく見るけど。
別に、それはそれで面白い人は面白いし、わからなければわからないでいいんだけど、そればっかをやられると、不快。っていうか、正直ネタがないからそんなのやってるんでしょ? と冷める。

んだけども、この劇団、内輪ネタをガンガン使うけれど、長い長い前説で、割としっかりとその内輪ネタの解説というか、内輪ネタを利用して前説をしているという(笑)
前説の途中から席についたのだけど、一体何をネタにしているのか、よくわかって、最近のお笑いよりもずっと面白かった(笑)

そして、その前説があってから本編に入るので、これがまた面白い!
初めて見に行ったけども、それでおいてけぼりにされることがなかった!
それですごく嬉しかったし、物語にも入り込めた。

そして、ラスト。
物販の宣伝で、ものすごく「買ってくれ」アピール。
この辺は、ジャンプで連載中の「銀魂」が好きで、「銀魂」の監修のオッさんこと高松監督のツイッターをフォローしてる私としては、割と身近な感じ(笑)
台本があったので、台本だけでも買おうかな−、なんて思っていたのだけど……


この物販宣伝の小芝居に、風間さん登場(笑)


ノリノリで物販のための小芝居に参加する風間さんにつられて、パンフレットとエコバッグも買ってしまったという残念な感じになりました。後悔はしていない。



東京公演、明日までやってるみたいだけども……明日はさすがに千秋楽だし、もうチケットないかな?
行けたら行きたかったけど、仕事がたまっているのでムリ……
ギリギリしつつ、DVD出たら買おうかな……なんて、物販販売促進の小芝居にすっかり乗せられているのは、調教されきっているからに違いない。

後悔はしていない。

| - | - | 23:50 | category: レビュー的なもの |
つぶやき。
当サイトへのリンクについて

リンクに関しては、ホームページの方にしていただきますようお願いいたします。

ホームページ:ばなな通信 http://aobanana.com/
管理人:青葉奈々

なお、ホームページ・ブログ、ともに著作権を侵害するような引用・転載は禁止させていただきます。
出典・著者・URLを明記したかたちでの引用・転載は問題ありません。

Profile
Mobile
qrcode
Search this site